Blog


セクキャバ嬢の月収は?

  • 2016年3月16日
  • 未分類

気になるセクキャバ嬢の給料

セクキャバ求人で貰える月収時期を問わずセクキャバ業界ではお店が求人広告を出稿しています。しかし、年末年始は稼ぎ時のようです。そんなクリスマスや年末年始時期に聞いた景気のいい話をお教えしましょう。

セクキャバの求人に興味を持つ女の子のほとんどは、お金が欲しいけどデリヘルやソープのような風俗では働きたくない女の子なんじゃないでしょうか。実際、こういう女の子たちが、求人広告への応募やスカウトの紹介で入店してきます。お金をたくさん稼ぎたいけど、デルヘルやソープなど風俗は絶対に無理!でも、キャバクラで高収入を稼げる自信もないし。でも、セクキャバくらいならできるかも?とセクキャバでのお仕事を選んできます。

キャバクラとよく比較されますが、セクキャバとキャバクラの時給に大きな差はありません。お店にもよりますが、ちょっとセクキャバの方が手にする給料は多いようです。キャバクラは、営業メールや同伴出勤を求められたり、ヘアメイクやドレスにかかる経費が多いコトが多いし、決して楽ではない仕事ですよね。

つまり、大きく違うのは、時給などの給料ではなく、仕事の大変さの種類です。ちょっと、体に触られるのを我慢すれば、セクキャバの仕事内容は、キャバクラよりもずっと簡単といえます。キャバクラで稼げなかったけど、たくさんのお金を稼ぎたい。とはいえ、本格的な風俗の仕事は無理。そういう女の子のために、中間にあるのがセクキャバで働くという選択肢なのです。セクキャバでは、平均して50万円以上は稼げます。昼職している時の倍以上の給料になる人は多いでしょう。学生のバイトだったら10倍以上の稼ぎになるでしょうか。

一方、月収100万円を超えているような超す高収入の女性は、実際キャバクラ嬢の方が多いと思います。最高月収だと400万円~500万円も可能なのがキャバクラです。しかし、稼げていない人も多いのもキャバクラなんです。それに比べ、セクキャバは40万円程度でしたら誰でも稼げたりします。確実性が高いんですね。キャバクラで上手く稼げなかった女の子が、セクキャバに移籍するのはコレが理由です。キャバクラなら月収50万円くらいになるかと思ったのに、月収30万円くらいにしかならなかった。それなのに、ドレスやヘアメイク、お客様への営業のケータイ代と経費が月10万円くらいかかっちゃって、手取り給料は、実質20万円前後。実は、そんな女の子が多いのです。

でがココで公開しましょう!セクキャバの収入を。セクキャバの時給相場は、求人広告に記載されている金額とほぼ変わりません。出勤回数や店舗などによって変わりますが、時給4000円~7000円くらいです。キャバクラの最低賃金で働く人気のない女の子であっても、セクキャバで働けば給料は2倍になります。平均収入は、セクキャバの求人の方が多いのですね。

実際、キャバクラで1年弱働いたけど、思うように稼げなかったルナちゃん(20歳)のケースを紹介してみましょう。
「私の場合、甘え下手っていうんですかね。上手に営業ができなくて。キャバクラだと、大体30万円~40万円。年末年始やバースデーなどの稼ぎ時でも60万円いくかどうかという感じでした。それで、『向いていないのかな?』と求人サイトなどを見て、セクキャバに移動しようと思ったんです。」

セクキャバに入ってからは、キャバクラと同じ月20日出勤で働いています。もともと、容姿は良いほうのため、場内指名が良く取れてそのうち本指名も取れるようになっていきました。セクキャバの場合、同じようにキャバクラでうまく稼げなかった女の子が多いので、競争が低いのです。
「最近では、本指名も毎日取れるようになりましたね。だいたい、20時~26時まで働いています。1日平均3万円ちょっとくらい稼いでいます。月収は60万円~70万円くらいですね。年末年始のように稼げる時期だと月収100万円いきますね。キャバクラでは、月収100万円いったことがなかったので、すごく嬉しいですね。」

ルナちゃんの所属するセクキャバ店は、リーズナブルなお店なので時給が5000円と通常レベル。少し高級なお店や超人気店になると、時給は8000円くらいになることもありますから、1日6時間働くとすると月収100万円も可能なお仕事です。

風俗のお仕事でも、月収100万円の大台をつかんでいる女の子はほんの一握りです。短期で、風俗のお仕事をしないで、確実な高収入を得るには、セクキャバという選択肢もあります。この場合、とにかく出勤日数と出勤時間を多くすることが大事です。そうすれば、本指名、同伴のお客様の数も増えてきます。出勤日数と出勤時間が多いのは、肉体的にも精神的にも、大変かもしれません。でも、目標と期限を決めてい頑張ればトライする価値が多いにありますよ!

Read more...